DM・ISLAND

このブログではデュエマの最新情報・デッキ紹介をお届けします!

【環境対応】ガンバトラージョーカーズのデッキ紹介

【環境対応】ガンバトラージョーカーズ

皆さん、こんにちは。管理人のよーすけです。

今回は、環境対応のガンバトラージョーカーズついて解説していきたいと思います。

このデッキは最近CSなどで結果を出していますね。構築・プレイングについてまとめたのでぜひ、参考にしてみてください。

デッキレシピ

クリーチャー

ガンバトラーG7×3

ジョット・ガン・ジョラゴンJoe×3

消王ケシカス×2

ヘルコプ太×4

洗脳センノー×4

パーリ騎士×4

ヤッタレマン×4

チョコっとハウス×4

呪文

ジョジョジョ・ジョーカーズ×4

破界秘伝ナッシング・ゼロ×1

ゼロの裏技ニヤリー・ゲット×4

ジョジョジョ・マキシマム×3

プレイング紹介

 序盤は「ジョジョジョ・ジョーカーズ」が手札にあれば、その効果で序盤に必要なジョーカーズを手札に加えます。 「ヤッタレマン」によるコスト軽減から生まれる展開力と「ゼロの裏技ニヤリー・ゲット」「ガヨウ神」(orヘルコプ太)による手札補充が特徴的な種族なので、基本は「ヤッタレマン」を手札に加える事になるでしょう。ただし、除去の多い相手にはパワーの高い「チョコっとハウス」から先に展開して「ヤッタレマン」を温存する場合もあリます。「チョコっとハウス」、「ヤッタレマン」、「洗脳センノー」、「パーリ騎士」といった低コストジョーカーズを展開した上で「ガヨウ神」を展開、「ゼロの裏技ニヤリー・ゲット」を発動してさらに手札を増やしていきましょう。

 中盤はヤッタレマン」→「洗脳センノー」→「ガヨウ神」を繋いだ場合、3枚ドロー+「ゼロの裏技ニヤリー・ゲット」で手札が増やせるので、ここからさらに2枚目以降の「ヤッタレマン」や2枚目以降の「ガヨウ神」に繋げてさらなるドローと展開をしていきます。この時、相手が「メガ・マグマ・ドラゴン」などの全体除去効果を持つクリーチャーを使用するデッキの場合、「消王ケシカス」や「あたりポンの助」によってあらかじめ対策をしておくと良いでしょう。最近では「ガンバトラーG7」の登場により手札に小型のジョーカーズと複数の「ヤッタレマン」を溜め、一気にジョーカーズを出して「ガンバトラーG7」と共にワンショット・キルを狙う場合もあるため、「消王ケシカス」「あたりポンの助」が採用されない事もあります。相手の受けが弱い場合は「ガンバトラーG7」による最速3ターンキルを、相手の受けが強い場合は「消王ケシカス」(または「あたりポンの助)+「ジョジョジョ・マキシマム」のパッケージでクリーチャーのS・トリガーと呪文のS・トリガーへの対策をした上でワンショットキルを狙うと良いでしょう。

まとめ

このデッキはとにかく段取りを確実に踏んでいけば一気に相手の懐に潜り込み勝つことができます。 メガ・マグマ・ドラゴンには注意が必要なので相手のデッキ系統を分析しながらプレイングすると良いでしょう。

新着情報一覧

 

sakai45.hatenablog.com

sakai45.hatenablog.com

sakai45.hatenablog.com

sakai45.hatenablog.com